肌断食のやり方・気になる紫外線は日傘や帽子でカット

「肌断食」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
「肌断食」には二通りのやり方があります。
ひとつは、徐々に今使っている化粧品類をやめていき、最後は水洗顔だけにするというやり方のもの。こちらは化粧品に含まれる界面活性剤が肌に悪いという考え方なので、肌が乾いたら病院などで使っている無添加の白色ワセリンを使う程度でその先もずっと化粧品を使いません。
もうひとつは、「肌休日」ともいわれる「肌断食」のこと。期間を決めて化粧品をつけないで過ごすという肌を休めるやり方です。
一般的な肌断食は後者の「肌休日」の方を指し、休日などに何もつけずに過ごすというやり方をするものです。
どちらの肌断食のやり方も、これからの季節に気になるのは紫外線ですよね。
「肌休日」の方は、できるだけ外出の機会がない日を選んで肌断食をするようにしますが、それでも買い物などどうしても出かける場合には、帽子や日傘で顔を紫外線から守りましょう。
これから先ずっと化粧品を使わないという「肌断食」のやり方を続けるのであれば、季節に限らず日ごろから日傘や帽子を持ち歩くと良いですね。
年齢を重ねて敏感肌になったというKさんは、「肌休日」タイプのやり方を試してみたところ、はじめは乾燥してつっぱる感じたしたのに翌日には肌のピリピリした感じがなくなったのだそうです。
敏感肌の人は一度試してみると良いでしょう。ロスミンローヤル 口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする